日々思うことをつらつらと


by joe-suzuki

さよなら 夏の日

f0297680_759175.jpg


雨の降った翌日の東京。月曜日の朝は、空気が清々しい。

毎日出かける愛宕神社の境内。まだまだ蝉の声が騒がしいが、石畳には多くの色づいた葉っぱが。緑の木々の中に、こんなに黄色い葉っぱがあったんだね。秋は確実に近付いている。

暑かった夏に文句も多かったが、ちょっとあの暑い日が恋しい。

なんとも勝手なものだ。





■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
[PR]
# by joe-suzuki | 2013-08-26 08:01 | 日々のあれこれ

風水に合う住宅は少ない

霊はまっすぐにしか進まない。しかも北東から南西に向かって進む。

f0297680_23341984.jpg
引っ越しを考えると、なかなか難しいものです。予算もありますが、まっとうな間取りの部屋が本当に少ないんです。僕が風水に拘るからかもしれませんが、昔からの建築のルールを分かっている建築家が今の日本に少ないことに驚くものです。

これまで日本人が風水に拘ってきたのは、入り口やトイレの位置が悪いと、家が霊の通り道になってしまからだと僕は思っています。

もちろんいい霊なんて少ないものです。だから、古くから人は、家が霊の通り道にならないよう風水に拘って家を建てたのではないでしょうか。

面白いことに霊はまっすぐにしか進まないようです。そして、北東から南西に向かって進むようですね。だから、北東(鬼門)に、入り口やトイレがあったらいけないのでしょう。また、湿った場所は、霊を呼びやすいようです。なので、北東や南西に、水回りを設けないようにしたんだと思います。

ちなみにトップの間取りは、ある業者が紹介していた中で、比較的よい間取りです。でも、これ以外のものはちょっと悲しいくらいで・・・。 

あ、誤解しないでください。この業者だけが悪い訳ではありません。僕だって、今の部屋を探すのに1年かかりましたから。だいたいそんなものなんでしょう。

これは風水ではありませんが、左右の壁が並行でないと、住人の精神がおかしくなるそうです。なんでそんな住宅を建てるのでしょう。「デザイナーズ物件」にそうしたものが多いですね。2年で出てしまって、礼金、手数料を2年ごとにとる仕組みなんでしょうか。(疑い過ぎ?)

詳しくは、風水の本を読んでみてください。風水は、西に黄色を置くことではないんですよね。

気のいい部屋で、楽しい人生を。それが風水だと思っています。







■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
[PR]
# by joe-suzuki | 2013-08-21 06:44 | 不思議大好き

腹六分目は難しい

出された料理に、なんだこれしかないの!? とついつい思ってしまうもので・・・
f0297680_834402.jpg


頭は腹六分目と思っているものの、なかかな実践できないものです。なにしろ六分目とは、食べ終わった後で、そのまま走れる量なのだから、かなり少ないんですよね。

写真は、先日出かけたオーガニックカフェのランチ。この時も思わず、なんだこれしかないの!? とつい思ったものです。

でも、食べるた後は、すぐには走れ無い量だったから、腹7分目はあるんだろうに。もっと食べたいのは、脳がそう思うのでしょう。

僕は一人で食事をすることが多いせいか、噛まずに早く食べてしまう癖があります。これも問題ですよね。最低でも30回噛むようにと言われるけど、なかなかできません。あっという間に食べてしまったら、当然頭はもっと食べたいと思うよね。

何を食べるかも大事だけれど、何を意識しながら食べるのか、そちらも大事ということを忘れないようにしないと。

ちなみに写真の品は、ベトナム風玄米サラダと(玄米 / イエロームング豆 / ピーマン / 長ねぎ / きゅうり / とうもろこし / ピーナツ)、ポタージュ((とうもろこし / 玉ねぎ / じゃがいも)、サラダ、薬草茶にデザート。

パッと見、半チャーハンですが・・・

表参道のPURE Cafe で。





■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
[PR]
# by joe-suzuki | 2013-08-20 08:37 | 食生活を考える

日光 滝尾神社

次元の違う、隠れた霊地!?
f0297680_2028326.jpg

日光の東照宮の裏に、鳴尾神社というパワースポットがある。ここが、なかなか気持ちのいい場所だったので、紹介したい。

場所は、東照宮の真裏。歩くこと約45分。伊勢神宮に継ぐ広さの神域を持つ二荒山神社の別宮で、歴史のある神社である。

お盆のこの時期に訪れても込み合った東照宮とは違い、訪れる人もごく僅か。東照宮の右脇の古くからの石畳を登って行くと、まずは白糸の滝に辿りつく。

このあたりの、気がいいいいこと。滝にはマイナスイオンが生じるというが、それだけではないはずだ。
f0297680_20285032.jpg

山奥なのにキレイに整えられた感じがいい。この場所、ほんと気持ちいいなぁ。また訪れたいところだ。

神社は、滝から奥に歩くことさらに10分。今は工事中で、普段とは違った空気なのだろうか。あるパワースポットカウンセラーはここを、次元の違う隠れた霊地と紹介していたが、正直そこまでは分からない。ただ、訪れて気分が良くなるのは間違いなかった。

帰りは山を越えて二荒山神社へ。急な坂を下るので、このコースはお勧めである。

今度は泊まりで早朝に訪れたいものだ。






■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
[PR]
# by joe-suzuki | 2013-08-16 20:34 | 聖地訪問
7/1 花火の季節が近付きましたが、今年花火は少しガッカリする地域が出るかもしれません。「雨天中止」が見えてしまいました。何所なのでしょうネ。

f0297680_21391974.jpg


松原照子さんの世見で気になった箇所のピックアップ第二段です。彼女は、隅田川の花火大会が中止になるのが分かっていたのでしょうか。ともあれ参考になれば、幸いです。


5/4

とっても気にしている事があるのです。それはネ。食文化が変化した事による寿命に関わる重大事です。
そんなに遠くないある日。世界は食糧危機に水不足が蔓延するのではとも思っています。
あなたが食を見直すことで、もしかすると世界平和につながるかもしれません。


5/6

独裁政権と書きたくなる中国ですが、この国も近い将来ソ連の崩壊のように歴史が大きく変わる日を迎えると思えて仕方がありません。

この近い将来の時期ですが、20年は掛からない気がしています。
日系企業が中国でどのような展開をしているのでしょう。


5/19

「ゲリラ豪雨」

こんな言葉は聞き飽きましたが、まるで嫉妬でギャアギャア言っている女の人のようにドヒャーと集中的に降るかと思うと、一点の場所にシクシク夜空が泣き続けるものだから裏山が崩れたり、道路に土砂が流れ込み通行できなくなったりしそうなのですが、その後は「雨さん降って下さい」とお願いしたくなる地域も出て来そうです。


5/27

株価が1万5千円台になり、数百万円もする高級時計が次々に売れているとかニュースで見ますと、何かしら心が凍ります。

本当に経済は本調子になったのでしょうか?
私は不気味な足音が聞こえる気がするのです。

今回、我国の株価上昇のように実績とは別の世界が動いたかのように「裏 裏 裏」。私達は一部表面しか見られないようです。


5/30

福島原子力発電所は問題が山積みで中々先の見通しが付かず、東京電力を使用する私達がこのツケを払わされていくことでしょう。

ただ、私が心配していることは東日本大地震の余震と云っていいのか分からないのですが、もう一度大きな揺れがこの間の起きた場所近辺でこれからの5年間の間で起きるのではと思えて仕方がないのです。

私は次の大きな揺れがもたらすもので気になるのはやはり福島原子力発電所の次なる被害です。
出来るだけ早急に対策を講じないと、更なる被害が広がるのではと心配しています。

富士山がとても気になり始めたのは、富士山が世界遺産に登録されたことです。

広島の厳島神社、熊野古道もそうです。世界遺産になってすぐに大災害に見舞われました。だからと云ってこの事はたまたまなのかもしれません。


6/1

竜巻発生から消滅するまでどのくらいの時間が掛かるのだろうか?
関東平野も竜巻の被害に遭いやすいと書きたくなってしまいました。


6/2

今年は雷をよく目にすることになる気がしています。
今見えた映像はどこのお山か、上空で火山灰の粒子が摩擦を起こし放電現象で雷が発生しています。

ゴルフが大好きな方は雷には充分気を付けて下さい。確かに落雷での死亡率は低いかも知れませんが雷雲には注意して臨んで下さい


6/3

「30年後の世界」

きっとピンと来ないかもしれませんが、北朝鮮は今の体制は存続出来ていないことでしょうし、アメリカは一位の座から転落しているでしょう。

中国にも革命が起きている気がします。
我国だって地震 津波 噴火そして失業の嵐を体験している恐ろしい気さえしています。


6/12

それとこの10数年の間には我国に大きな被害をもたらすのであろう大災害もやって来ることでしょう。

福島の原子力発電所事故の問題も答が見付からず不安ばかりが残る現実として私達の心に陰を与えることとも思います。


6/20

放水路も捷水路も今はまるで自然界のように水は流れていますが、これから私達は河川の氾濫を目にする度に一度は人間の過ちに気付くことになるでしょう。

「土木工事」は国を制するに繋がるのだろうが、「川を制する者は国を制する」本当にそうなのだろうか?
関東大地震が起きた時、この答を私達は知ることになると思えるのですが・・・・!


6/25

今年の台風は
農作物に被害が出ないかと気になっています。
大型台風の当たり年にならなければいいのですが。

それと田畑が水涸れしているのも見えてもいますし、ダムの底に眠っていた集落らしきものが見えてもいます。

雨は恵みの雨とも言いますが大雨は人々を苦しめます。
「猛暑」この言葉の上ってないのでしょうか?
ゲリラ豪雨のような凄い言葉が出て来るかもしれません。

雨のありがたさがわかる夏になりそうですが、大型台風で風と大雨の洗礼を受ける夏になる気がしてとても心配しています。

今年沖縄は台風に十分気をつけて下さい。又、沖縄の近くの島々もいつもよりオーバー目の対策をなさって下さい。


6/26

9月は台風に充分注意が必要です。

瞬間最大風速 89m

こんな記録が生まれるかもしれません。
直径500km以上の台風が今年やって来るかもしれません。


6/27

日本の最高気温って何度だったのでしょう?
35℃を越えると猛暑日と云うようになってどれくらいが経ったのでしょうか。

山形県が何故か浮かんだ。

勿論理由はない。

東京 大阪 群馬 埼玉 静岡 和歌山は特に39℃くらいの日もあるかもしれません。
冷夏を今日は感じません。

ヒートアイランド現象が大都会を襲う日が多くなることでしょう。○○年振りの公式記録更新と云われる日が近付いている気がしています。どうかお体をご自愛下さいませ。


7/1

関東地方のこの梅雨は雨があまり降りませんが、ドカ雨が降る気がしています。それと温度差が気になります。

涼しいのはありがたいのですが、次の日が猛暑、こんなことが起きるかもしれない気がしています。

そう云えば花火の季節が近付きましたが、今年花火は少しガッカリする地域が出るかもしれません。「雨天中止」が見えてしまいました。何所なのでしょうネ。


7/3

ユーロもまだまだ波乱が起きる気がしてならない。


7/24

もしもこの間のような隕石が原子力発電所に落下したらどのようなことが起きるのだろうか。
何故安倍総理は外交で我国の原子力発電所の技術を売ろうとしたのか?

「オイルショック」がもたらしたのが原子力だとしたら、オイルショックを仕掛けた人物、イエ団体は地球の滅亡への道を企てたと云うことになる気さえします。
必ず何処かで近未来に原子力の恐さを知る日が来ます。


7/27

緑を増やして下さい。
地球の為に一鉢でも多くの緑を育てて下さい。
あなたが自然界に感謝心を現わすためにも草 花 木を育てて下さい。
ベランダと云うベランダが緑に覆われたら大気も健康になります。

他人事ではありません。
私達の身近に大自然界からの逆襲が始まっているのです。
ゲリラ豪雨に激暑。そうかと思うと涼しく日照も続くし雷は空を轟かせます。
台風だってやって来ます。


7/29

何が引き金になるか今日はわかりませんが、今迄の歴史にはなかった経済革命と申しますか、デノミの嵐が舞い上がる気がしてなりません。

その原因が自然界なのか、隕石なのか、人間の行為なのか、何かがこれからの半世紀の間に起きると思い込んでいます。

政治は政権交代事件が今後も相次ぎ、経済は株価が乱高下するために投資家は読みにくい時期がこの数年には起きるとも思っています。


8/3

「増税」はやって来ます。
「消費税」もやって来ます。
「アベノミクス」っていい言葉ですネ。
何をミックスしているのか響きがいいネーミングです。
私は自民党や連立の公明党を批判しているのではありませんのでそのことはご理解下さいませ。

ただネ。これからの3年。アメリカ・中国・韓国と次から次に問題を突き付けられます。


8/4

「この夏の天候はどうだったのだろう」
と心配になってしまいます。
食糧危機は深刻であることは間違いありません。


8/8

中国と日本の間で大きな出来事が起きるのか、2000年代の歴史を塗り替える出来事がスタートするのか、2016年が近付く頃もっと感じとれるかもしれません。

小松左京先生の小説の題名「日本沈没」は自然災害だけではなく政局の動きに関心のない日本国民の多くのツケとして付けられる「日本沈没」にならなければ嬉しいのですが。


8/13

局地的豪雨はこれからも注意が必要です。
地震も恐ろしい災害ですが、雨も恐ろしい災害です。
9月から10月 台風には充分気を付けて臨んで下さい。


8/14

今年は台風が日本に上陸をすると大型化しそうに思ってしまっています。

ただネ。お野菜やお米が心配になっています。
収穫の時に被害が出なければいいのですが・・・。








■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
[PR]
# by joe-suzuki | 2013-08-15 05:54 | 不思議大好き