日々思うことをつらつらと


by joe-suzuki

ピタゴラスは元祖ベジタリアン

肉食は動物の意識が人間の身体を通過するため、粗野な人間になる
f0297680_634729.jpg


さて、昨日の断食の話の続きである。

ピタゴラスは、しばしば長期間の断食をしていたらしい。そう、数学で習ったあの「ピタゴラスの定理」のピタゴラスだ。

断食の効果を、こんな風に医学的に説明していたサイトがあった。

(引用)
お腹を空かせると、胃からグレリンという飢餓ホルモンが出てきます。
グレリンが出ると、海馬の領域の血行がよくなり、脳の機能が格段に高まります。つまり、断食によって頭が冴え、飛躍的な成長や劇的な変化を促進させる訳です。 断食は、アルファ波を自在に出せるようにするための訓練であるとも言えます。
逆に言えば、アルファ波が出る脳にしない限り、潜在能力は開花しません。 断食中は、アルファ波の発生を促すケトン体の量が増える事が分かっています。 脳細胞はブドウ糖よりもケトン体を好むそうで、ケトン体の方が脳内では吸収されやすいそうです。
食欲は人間の最大の基本的本能ですから、雑念がある間は断食は苦痛ですが、脳波がシータ波にまで下がってしまえば、食欲を含むすべての欲望は消滅し、 高次元と繋がり、無念・無想・無我・無心の境地に達し、 閃きが次々と溢れ出て真理を発見できるようになります。
(引用終了)

断食をすると最初の1、2日目は辛いが、それ以降は楽になると言われている。それは、アルファ派が出ているからか。何故ピタゴラスは、こうしたことを知っていたのだろう。

今回、ピタゴラスを出したのには理由がある。1847年に「イギリスベジタリアン協会」が発足するまで、菜食主義は「ピタゴリアン」「ピタゴラス派の食事」などと呼ばれていたのだ。

実はベジタリアンの系譜を辿っていくと、ピタゴラスにまでさかのぼる。 「元祖ベジタリアン」と称されるピタゴラスは、一日二食で、 果物、野菜、穀物、蜂蜜だけで生活していた。 黒パンと蜂蜜で朝食を済ませ、夕食には、生野菜を食べていたとおうのである。また、獲れた魚を海に戻してやるために漁師にお金を渡したりしていたそうだ。ピタゴラスに強い影響を受けたプラトンは、生涯、一度も肉と魚を口にしなかったという。


ピタゴラスが肉食をしなかった理由は、魂は不滅で輪廻転生を信じており、肉体が消滅した魂は他の肉体の中に移るため、肉食は動物の意識が人間の身体を通過し、粗野な人間になると考えていたからだ。

思えば人間も、臓器を移植すると、前の持ち主の意識が移るとよく言われる。肉食をすると同じようなことが起こるのだろうか。

ピタゴラスは数学者のイメージが強いが、かなり不思議な人物だったようだ。

彼はエジプトで密儀参入して宇宙の真理を体得し、「宇宙は数に支配されている」と唱え、特に数の神秘を説いた。今もこの流れをくむ占数術は「秘教占数術(ピタゴラス占数術)」と呼ばれている。

 またピタゴラスは動物とも自由に話ができたという。オリンピック競技の最中に空を飛ぶ鷲を口笛ひとつで舞い下りさせ、ある時は暴れ熊をおとなしくさせ、その場から退散させたという逸話も残っている。透視術や瞬間移動の秘術にも通じており、遠く離れた2つの地点に同時に姿を現わすような離れ業も簡単にやってのけたとも伝えられているのだから、ただ者ではない。

ピタゴラスについて、もっと調べてみたいものだ。







■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
[PR]
by joe-suzuki | 2013-07-25 06:36 | 食生活を考える