日々思うことをつらつらと


by joe-suzuki

ドイツの犬の税

ドイツには悪徳ブリーダーを増やさないため、犬の所有者に税金をかけている
f0297680_20103940.jpg

テレビニュースで、「ドイツでは犬の種類によって税金が違うことに反対してデモがあった」と報道されていた。なんとドイツでは、犬を所有していると税金がかけられるのだ。ということで、ドイツの犬税について調べてみた。

ドイツの市民は犬を飼うために税金を払わなければいけない。犬税は地方自治体の税収になっている。この税金は、犬の糞清掃のために使われているのではなく、無責任な飼主を減らす為に導入された税制だ。

税額は自治体によって違うが、 例えばベルリンでは一頭年間120ユーロ(16,000円)二頭目からは180ユーロ(24,000円)を犬税として支払わなければならない。例外として盲導犬や障害者などは免除される。

そしてこの法律の中に『獰猛及び危険な犬の条例』というのがあって、危険であろうという犬種の所有者は、年間500ユーロ(80,000円)以上の税金を払わないといけないのだ。500ユーロとはかなり多い。デモが起こるのは、分からないでもない。

ちなみに最も危険とされる犬の種類は、以下の通り。ピットブル、バンドッグ、アメリカン シュッタフォードテリア、シュッタフォードテリア、土佐犬。反町・松嶋家のドーベツマンが、同じマンションの住人を噛んで大けがをさせたという噂があったが、それより凶暴な犬がいるんですね。

さて、犬税を支払ったら州ごとにデザインの違う犬札(トップの写真)が支給され、これを首輪につけることも義務付けられている。そのためすべての犬が犬札をつけているので、犬の所有者がすぐに判明し、迷子犬が減るという効果があるのも見逃せない。

この法律の効果は絶大で、悪徳ブリーダーを増やさない効果や、気安く多頭飼いが出来ないため不幸になる犬の数も減らすことにつながっているという。もちろん犬税を支払わないと罰せられるうえ、抜き打ちで警察官がチェックし、もし見つかったらかなりの罰金を覚悟しなければい。

ドイツでは他にも、犬に十分な飼育スペースや運動、飼い主との交流、しつけを与える義務が飼い主に課せられている。違反すると動物虐待罪に問われる厳しいものだ。日本に比べて、大幅に動物保護の思想があるのだ。

f0297680_2011994.jpg


何で日本ではこうした制度を導入しないのだろう。すぐ上の日本のブリーダーの写真を見たら、誰もがそう思うだろうに。こういう所で飼われた犬が、街のペットショップの店先に並ぶのである。すぐに病気になるのも納得だ。

もっとも高齢者や単身者に犬を快く譲る保護団体も少ないので、街のペットショップは減らないんだけど・・・。
ある人は動物を虐待し、ある者は動物を可愛がり過ぎて・・・ もしかすると僕らは動物のパートナーとして、共生していく考えが足りないのかもしれない。





■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
[PR]
by joe-suzuki | 2013-08-05 07:33 | 犬について