日々思うことをつらつらと


by joe-suzuki

松原照子さんの世見 2013.1~4月

恐怖の男・安倍氏こそ、わが国が『戦争』の言葉を身近に感じる流れを作る人物であり、操り人形です
f0297680_8381899.jpg


松原照子さんは、東日本大震災の1ヶ月前に「陸前高田」などの地名とともに3.11を予言して、一躍有名になった人です。実は彼女、30年以上も、さまざまな予言を行なってきていました。

例えば、「JAL羽田沖墜落事故(1982年)」「フォークランド紛争(1982年)」「メキシコ大地震(1985年)」「スペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故(1986年)」「三宅島・大島などの火山噴火」など、さまざまな予言を的中させていたようですね。当時からすで雑誌『ムー』(学研)にも取材され、日本有数の予言者とされていました。
 
その松原さんが1987年1月に出した本、『宇宙からの大予言-迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ』(現代書林)にも、災害に関する予言が満随分と書かれているそうです。こんな古い本が、この所注目を浴びています。それは「政治はこう変わる」という見出しで、当時の中曽根首相や、竹下氏、宮沢氏、福田氏といった自民党の主要人物が今後どうなるかを言及した後の日本の政界の予言した箇所に、不思議な記述があったからです。

それは、以下の通り。


「恐怖の男・安倍氏は、男に生まれながら男人形として、日本の名で世界を歩くでしょう。『はい、わかりました』、この言葉をためらわず言える政治家は生き、少しでも躊躇した政治家に、いい役が回ることはありません」

「その人こそ、わが国が『戦争』の言葉を身近に感じる流れを作る人物であり、操り人形です。政治家たちのランクを、国民1人ひとりが見極め、日本の国のために命を捧げられるほどの人間選びをしなければ、草も口にできなくなります」


この安倍氏が、今の安倍総理ではないかと噂されているのです。なにしろ25年も前より、僕らは戦争を身近に感じていますから。 

松原照子さんは、他にもどんなものが見えているのでしょう。気なったので、今年の彼女の「世見」(「予言」と呼ばずにこう呼ぶ)から気になった部分をピックアップしてみました。何かの参考になれば、幸いです。

長いので、何回に分けて掲載しようと思います。


1/3
福島原子力発電所の事故は人災です。
きっと、大きな力が動き原子力発電所が我国にこれだけ出来たのです。
今年は現実から目を離さないで頂きたいのです。


1/4
人災である福島原子力発電所の傷跡が何故かハッキリと浮かびます。
被爆の現実を知らされるのかもしれません。そうなると、又、福島に住む人達が二次被害を受けるのではと気になります。


1/7

アフリカの地を今後も襲うであろう旱魃と洪水。ナイル川流域は大丈夫だろうかと心配になってしまう。アフリカでは益々砂漠が広がり続け、アメリカでも農作物が全滅する地域が今年は出そうで気掛かりになってしまう。

今、目の前に見える映像は映画の一場面なのかもしれません。

バッタの大発生です。

このバッタは羽根が長く、不気味な音を立てて瞬く間に植物を食べ尽くしていきます。この光景を見ていますと、地球上の生物は生き残りを賭けてまさに戦です。


1/8

いつもながら急に書きたい事が頭に浮かびました。
「磁気嵐」です。
磁気嵐がどの様な現象なのか分かりませんが、書きたくなったので書いておきます。



1/9

今年最も気になり始めているのが海域です。


竹島諸島問題、尖閣諸島の問題は決して落ち着いてはいません。それよりも、日本離れの中国の人達も多く、日本企業が気になります。中国の多くの都市で許可を得て行われるデモを見る事になるでしょう。

それと、こんな夢を昨夜見たのですが、日本の海域の小笠原諸島 火山列島 沖の島 琉球諸島の間を取り囲むように日本の海域ではない場所があって、その辺りにどうやらお宝が眠っているらしく、海底を調査する怪しげな外国の潜水艦が侵入している夢でした。


1/14

「電磁波で癌が発病」とか、
「携帯電話から出る電磁波で脳腫瘍になる」

このような電磁波の危険性を訴える報道が続出していた頃がありました。

今は何処かに電磁波障害は消えてしまっていますが。


今まで地球にはこれ程の電磁波はありませんでした。
もしも、あなたが最近体がスッキリしないのなら、携帯電話を切る時間を持って見るのもいいのではと思います。


1/21

人口増加がもたらすものは汚染。中国は今後、近隣諸国を巻き込み空気を病気にしていく事でしょう。
そして、その後にやって来るのは動物からうつるインフルエンザのように思えてしまいます。


1/23

今、私が心配している事は戦争です。
中国の尖閣問題が拡大して戦争にまで発展とは当面ないでしょう。

でも、いつでも中国船が千近くも我国の海に侵入してくるのではと思う。


2/12

大災害が近付いているかもしれません我国は戦後66年、平和が続いています。未曾有の大災害を2011年に体験をして私達は何を学んだのでしょうか。

確かあの大災害の後、殺人と云ったニュースは流れなかったように思います。
縁ありて日本と云う国で暮らす私達。一人でも多くの人達が心を寄せ合い、近付いているXデーに備えないといけません。

その日が今年なのか 来年なのか 10年後なのか 15年も待たずにやって来ると私は思っています。
2015年以後我国は経済面で今以上の困難を体験するとだけは今日感じます。

国民の生活不安は広がり、政府は対応出来ずにいるのが見えています。


2/15

日本の国力の低下は国民の意識の低下の現れです。

日本で働くとお金が手に入ると思ってやって来ていた他国の人々もこれからは減り続ける事でしょう。

赤札一枚で命を捧げた時代は遠い昔の出来事ではありません。戦後66年。あまりにも我国は変貌しました。「昭和」から「平成」に移りましたが、昭和の息付きは今も健在のように私は思うのですが。


2/23

私達は便利を追求したあまりにパソコンや携帯電話を作ってしまいました。
自然界にはなかった電波が衛星を通じて地上と天空を交差しています。

この為に今までなら地上に届くまでに燃え尽きるであろう隕石を降らせる事になっているのではと思っているのです。

噴火も脅威です。地震も恐怖です。津波は見たくありません。大洪水も体験したくありません。竜巻・嵐・台風、起きて欲しくない自然現象ばかりです。

でも、今以上に天空を乱すと、もっと巨大な隕石を呼び込む事になるのが心配です。

3/6

このところ私、目が覚めると「大型台風が」こんな言葉がつい出てしまいます。何故なのか分からないのですが、大型台風が来るのです。

今年、もしかすると大型台風が日本を始め世界中で猛威をふるうのかもしれません。集中豪雨が年々行事のように日本中を水浸しにしています。


3/6

TPPの問題はきっといつものように政府の一部の人の思い通りのシナリオで進む事でしょう。

もしも、世界中に食糧危機がやって来たら忽ち日本は食糧難になってしまいます。

日本の食事情は生ごみを見ていても罰が当たる日が来るのが分かります。私達一人一人が食べる事を喜び、食物を大切にする心を育まないと30年後日本の食は悲しい物語をつくります。


3/17

でもネ。何となくなんだけれど、この一帯(スタンフォード)に大災害が起きる気がしているのです。

「りんご」ウ~ン 「アップル」青森県の事ではないのよネ。

りんごが嵐に遭うと聞こえた気がしたけれど、台風でリンゴが落ちるのかなぁ。

でも少し意味が違う気がするの。

この内容は頭の片隅に置いておくほうがいいと感じています。マック…mac…apple…なにか度肝を抜かれるようなことが起こるでしょう。なんとなくイメージがありますが、今はチョット文字にはできません。


3/18

世界のトップに50年後には躍り出ると思われるインド。これからの40年 世界は経済界も大きく変貌を遂げる事でしょう。

我国はその頃のランキングはよくて7位、悪いと9位になっているかもしれません

アメリカはインド人の裏方によってIT企業は発展し、今後はインド人によって世界を独占されるシナリオに向かう事でしょう。


3/19

この夏はどんな夏になるのか今から心配している自分が少し笑えるのですが、雨の多い所と少な過ぎる所の差が大きくなるようで気になっています。


株価が上昇し円安の経済界ですがこの夏を過ぎた辺りから又々動きがあるようにも思い始めています。


3/25

「核戦争」は人類の滅亡を意味しますが、今静かに何か大きな事が動き出している気がしてなりません


3/27

世界中の気象記録は塗り替えられていくのは現実です。

近年中に世界の何処かの火山が、日本ではない事を祈りますが、190km3の噴出物質を噴火する火山があるように思ってしまいました。

この事が原因で世界各地が冷夏になるようなのです。でも、出来るだけ先に延ばして欲しいと思っています。

日本だって一日の最大降水量の記録が書き換えられるとも言われています。

900mm まさかとは思いますが850mmは降る事でしょう。


3/30

我国はバックにアメリカが付いていると思っていたら、中国に操られるアメリカにいつの日にかなっている事に気付かされる日が来ると書きたくなってしまいました。

それならば自国は私達国民が守らないと尖閣諸島を中国にとられてしまう日がやって来るかもしれません。


4/7

NYダウ平均株価が今どのくらいなのか知りませんが、14530の数字の辺りからジグザグして13000になっています。この表の年・月が見えにくいのが残念です。


4/25

「魔の水曜日」この言葉が凄く耳についた事がありました。そして、その日はカレンダーに赤色がついていたので祝日?とも思った事がありますが、この意味は私には分かりません。


4/26

次なる活動が活発になるお山は富士山かもしれません。


4/27

年内は地震による人命に関わる災害は起きないと思っていますが、地球は大きく変動しようとしているのが感じ取れ過ぎて心が落ち着かなくなっているのです。

近付き始めた大きな災害。それが富士山なのか、東海なのか、関東なのか。


4/29

栄養不足の人々が世界中にいます。
日本は食糧の廃棄が多い国です。

もしも日本に住む人々が食を見直したら、きっと大きく何かが変わります。原子力発電所だって世界中にあり過ぎます。いつどんなことで福島の原発事故のような事が再び起きるかわかりません。

チェルノブイリ・福島 二度ある事は三度あると申します。
大災害ばかりが恐怖の世界ではありません。

人間の驕りが自分達の首を絞める日がいつやって来てもおかしくありません。
私達は食事を天の恵みとしてありがたく頂かないと、いつの日にか栄養不足で苦しむ国々の仲間入りをするかもしれません。


4/30

富士山が気掛かりで仕方がありません。

「活動したがっているのでは」

富士山が大噴火を起こすと日本は麻痺します。
いつかは噴火するでしょうが、私達の思いを富士山は聞き入れてくれると私は信じています。








■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
[PR]
by joe-suzuki | 2013-08-14 08:38 | 不思議大好き