日々思うことをつらつらと


by joe-suzuki

風水に合う住宅は少ない

霊はまっすぐにしか進まない。しかも北東から南西に向かって進む。

f0297680_23341984.jpg
引っ越しを考えると、なかなか難しいものです。予算もありますが、まっとうな間取りの部屋が本当に少ないんです。僕が風水に拘るからかもしれませんが、昔からの建築のルールを分かっている建築家が今の日本に少ないことに驚くものです。

これまで日本人が風水に拘ってきたのは、入り口やトイレの位置が悪いと、家が霊の通り道になってしまからだと僕は思っています。

もちろんいい霊なんて少ないものです。だから、古くから人は、家が霊の通り道にならないよう風水に拘って家を建てたのではないでしょうか。

面白いことに霊はまっすぐにしか進まないようです。そして、北東から南西に向かって進むようですね。だから、北東(鬼門)に、入り口やトイレがあったらいけないのでしょう。また、湿った場所は、霊を呼びやすいようです。なので、北東や南西に、水回りを設けないようにしたんだと思います。

ちなみにトップの間取りは、ある業者が紹介していた中で、比較的よい間取りです。でも、これ以外のものはちょっと悲しいくらいで・・・。 

あ、誤解しないでください。この業者だけが悪い訳ではありません。僕だって、今の部屋を探すのに1年かかりましたから。だいたいそんなものなんでしょう。

これは風水ではありませんが、左右の壁が並行でないと、住人の精神がおかしくなるそうです。なんでそんな住宅を建てるのでしょう。「デザイナーズ物件」にそうしたものが多いですね。2年で出てしまって、礼金、手数料を2年ごとにとる仕組みなんでしょうか。(疑い過ぎ?)

詳しくは、風水の本を読んでみてください。風水は、西に黄色を置くことではないんですよね。

気のいい部屋で、楽しい人生を。それが風水だと思っています。







■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
[PR]
by joe-suzuki | 2013-08-21 06:44 | 不思議大好き