日々思うことをつらつらと


by joe-suzuki

カテゴリ:写真・カメラ( 5 )

有名なアイリーン・グレイのポートレート。撮られたのは彼女が48歳の時。
f0297680_1851472.jpg

撮影したのは、女性写真家ベレニス・アボットである。彼女のことをちょっと紹介しようと思う。

1898年にアメリカで生まれたアボットは、彫刻を学ぶため1921年、パリの彫刻家エミール・アントワーヌ・ブールデルのもとを訪れ、創作活動を開始する。この時、名前をフランス風の「ベレニス」に変えている。

1923年、マン・レイが写真スタジオのアシスタントとして、写真を全く知らない人物を募集。マン・レイもアボットもアメリカ人ということもあったのか、彼女は暗室作業を手伝う事になる。その2年後アジェの写真を初めて目にし、写真の表現手法に衝撃を受けた彼女は、以後写真をライフワークとする。

1926年、自身のスタジオをパリのリュードバックに開設。短期間ベルリンで写真を学び、27年にはリュクサンブール公園のすぐ北にスタジオを再オープンさせている。

当時のパリ左岸は、名だたる文化人が活動しており、アボットは彼らのポートレートを1929年まで撮影した。アイリーン・グレイのポートレイトは、1926年に撮られている。。

著名な編集者であるシルヴィア・ビーチは『シェイクスピア・アンド・カンパニー』の中で、当時のアボットの事を、マン・レイとともに「民衆の公式肖像写真家、マン・レイやベレニス・アボットがとるということは、撮られる人物が社会的に何者であるかを意味している」と書いている。彼女はそれだけ文化人の間で有名な存在だったのであろう。

1926年、グレイは画廊で開かれたアボットの個展を訪れている。展示には、初期の代表作である、ジェイムス・ジョイス、アンドレ・ジッド、ジャン・コクトーマリー・ローランサンのポートレートがあったという。その後ほどなく、アボットがグレイの写真を撮ったと記録に残っている。

それにしても1878年生まれのアイリーン・グレイの美しいこと。計算すると48歳だ。良家の出身で、サマーセット・モームの小説にも登場する美貌の持ち主だったグレイは、多くの写真を焼き捨てているので、アボットの撮った写真は極めて貴重なものだ。

さて、その後ベレニス・アボットはニューヨークに戻り、アジェのように都市を切り取った写真で大きな評価を得る。また、アジェの写真をまとめて買い取り、MoMAに買い取らせた事を大きく評価する人もいる。ともあれ、歴史に名を残す写真家となった。

だがポートレートを撮る僕は、ベレニスのちょっと懐かしいスタイルの人物写真に惹かれるのである。人物の持つ魅力をシンプルに伝えているからだ。アイリーン・グレイの写真は、そんな一枚ではないだろうか。



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
[PR]
by joe-suzuki | 2013-07-07 18:56 | 写真・カメラ

撮る理由

写真というものは難しいものではない、
言うべき何かを持っていれば。

f0297680_20342672.jpg

先日まで恵比寿の写真美術館で行われていた「マリオ・ジャコメッリ」展で心に残っている言葉。そう、カメラの性能に任せて撮ってはいけない。何故シャッターを押したか、明確な理由が必要だ。これからも、この言葉を忘れないでいたい。

写真は、ミラノのドゥオモ広場で撮ったもの。ちょっとクラシックな雰囲気で仕上げてみた。彼らの洒落た自転車ライフが分かることだろうか。



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-23 20:36 | 写真・カメラ

モノクローム

白黒の写真は想像力をかきたてる。
f0297680_22142362.jpg

面白いことに、写真コンテストに応募してくる写真の4割が白黒なのだとか。
カラー写真の時代の今でも、クリエーションの世界では白と黒とで表現することは極めて重要のようだ。
制約があることで、見る者が想像力を膨らませてくれるからである。
それゆえライカは、白黒専用のデジタルカメラを出した位である。

そんな訳で、このブログもこれまで白黒の画像を添付してきた。
あえて白黒にすることで、文章を読んだ皆さんに、筆の力の足りない分を補って貰えたらと都合のいいことを考えているのである。
もっとも美味しそうな料理は、絶対カラーの方がいい。
さて、その時どうするか。
時が訪れたら考えることにしよう。




■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-19 22:27 | 写真・カメラ

絵画的な写真を撮るには

デジタルカメラの時代の今、いい先生につけば素人でも1年でゲッティの写真家になれる
f0297680_10534653.jpg
Photo by Adam Pretty :2011World Press Photo Contest ; 2nd Prize Winner for Sports Stories category. FINA World Championships at the Oriental Sports Center in Shanghai, China, on July 17, 2011 写真:アダム・プリティ。 

3月にスポーツ写真家であるアダム・プリティのトークイベントにでかけた。非常に心に残るものだったので、紹介しようと思う。

今回添付した写真で、彼は2012年世界報道写真のスポーツ写真の分野で2位になった。2011年の上海で行われた、世界水泳大会を撮影したものだ。世界大会である。やらせではない(合成はしているだろうが)。

 こんな絵画的な写真が撮れるとは、絶妙のタイミングである。この時間、この角度であれば逆光で、シルエットが見えることを事前のロケハンで知っていたのだ。彼は撮影前の準備が大事で、多くのスポーツカメラマンがたむろすエリアでは撮影しないという。だから彼は、他の写真家とは違う、絵画的で物語を感じさせる作品をものにしているのだろう。

 アダムさんは、ゲッティ・イメージに所属する写真家で、現在日本を拠点に活動している。今日もどこかのスポーツイベントが、彼に撮影されているに違いない。

事前準備を怠らない、以外にも彼のセミナーで参考になった事を書いておく。

現場の人たちとコミュニケーションをとる。
掲載に必要な写真が撮れたら、後は違ったスタイルで撮影してみる。
違う分野の写真にもトライしてみる。
自分のやりたいことを変えない。
ユニークで、他人と違う存在であること。
年末に、その年撮影したもののポートフォリオを作ってみること。

ちなみに驚いたのは、

撮影後の編集作業の割合が、50~80%であること。
海外では、フリーランサーはオリンピックなどで撮影できない。
デジタルカメラの時代の今、いい先生につけば1年でゲッティの写真家になれる。(中国時代の彼の運転手は、今、ゲッティで撮っている)

刺激になった。
もっと頑張ろう。




■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-16 10:58 | 写真・カメラ

犬を撮ること

そこからストーリーが生まれてくることが大事なんだ。
f0297680_9495615.jpg
Photo by Eriott Erwitt 1966 写真:エリオット・アーウィット

 ライカの使い手として知られる写真家のエリオット・アーウィット。オートフォーカスの無いカメラにも関わらず、彼は犬を随分と撮ってきた。犬はなかなかこちらの言うことを聞いてくれない。難しい被写体だと思うのだが、彼は犬を撮ることに関してこう喋っている。

 「犬はどこにでもいることと、人間と同じ要素を持っているからね。街中に沢山いて、眼についてしまうんだ。それに彼らは、撮られたからといって、何かを要求してこないからね。
ただ犬がいるからだけでは、撮る十分な理由にはならない。上の写真では犬と女性の足とのコントラストに惹かれた。そこからストーリーが生まれてくることが大事なんだ。 」

 足元しか写っていないが、この女性がどんな人物かおよそ想像がつく。しかも50年近くも前に、犬に服を着せていたのは、相当に珍しかったはずだ。

 ライカが苦手とする、近い距離で撮ったこの写真。距離は1m位だろうか。ピントは犬よりも女性の脚だが、犬がこちらを向いた瞬間にシャッターを押している。多くの写真家は、ピントよりも瞬間の構図でシャッターを押していることを忘れないようにしないと。





■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-10 09:53 | 写真・カメラ