日々思うことをつらつらと


by joe-suzuki

<   2013年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

犬との生活<後編>

祖父が言ったように、もっと大切にしたらよかったのに・・
f0297680_10434724.jpg

 何年か前のこと、ロンの話をコラムの導入で使ったことがある。

「名は体を表すというが、その通り。我が家にいた犬も、母が好きだったアメリカの俳優にちなんでつけられた。ところがこの男はとんでもないプレーポーイ。おかげ、他所でどれだけ迷惑かけたことか・・・。」

実は相当に事実を脚色している。なによりロンはメスだったのだから。どこにも「ロン」の名前は出てこないが、もちろん念頭に置いて書いている。それにしても、何故メスにロンと男性の名前がつけられたのだろう。最初に書いたように、よく分からない。

そんなロンが子供を生んだ。僕たちが知らないところで恋をしていたのだろう。4、5匹生まれた子犬の父親は誰だったのか。どれも可愛いいが、見てくれはロンに似ていない。赤ちゃんというのは、そういうものなのかもしれない。越してきたばかりのお隣さんが引き取った一匹は、成長するとロンに似た姿形になった。

残念なことだが、その他の子犬は貰い手がなく我が家でも飼わないことを両親は決めた。理由など覚えていない。覚えているのは、父がその子犬たちを、我が家の隣に広がる雑木林の向こうに捨てにいったことだ。ところが翌朝になると、ロンが全部の子犬を連れ戻している。父はさらに遠くに子犬を捨てに行ったが結果は同じこと。翌朝には子犬たちが犬小屋に戻っているのだ。一匹ずつくわえて何度も長い距離を戻ってくるとは。犬といえども、母性はこんなにも強かったのだ。

父は子犬を捨てることを観念したようで、「遠くに捨ててもダメだ」と困った顔で口にした。結局望まれないで生まれた子犬たちは、父の手で処分された・・・・ と思う。現場は見なかったので断言はできないが、たぶんそうなのだろう。5歳だった僕は、ロンさえいればそれでよかったのだろう。泣いた記憶はない。

 今だと犬の保護団体に怒られそうな行動だが、40年も昔の当時は、これが普通の行動だった。だが、今思い出しと、大変可哀想で。できることなら、今生きているうちに、殺処分になりそうだった犬を引き取りたいと思うところだ。

さて、僕が小学生になり、ロンが7歳頃の話だ。急にロンの毛並みが悪くなり、やがて皮膚がただれるようになった。なにかの病気だったのだろう。今ならすぐに獣医に連れて行くところだが、昔の話である。やがて散歩で無理に鎖を引っ張ると苦しそうで、一緒に散歩に出かけるのも嫌がるようになった。その時の、嫌がって抵抗するロンの鎖の重かったこと。以来ロンは寝たきりになった。

学校から帰って真っ先に犬小屋に向かっても、見かけるのはロンの横になったままの姿である。僕の気配で目を開けたりはするが、それだけだ。幼稚園から一緒に帰った日はすでに遠い。

その日の家の空気は、いつもと違っていた。目をはらした母が、低くかみ締める口調でロンの死を告げた。予期していたことだが、その日が来てしまったのだ。両親は僕ら兄弟が犬小屋に行くことを禁じた。だからロンの亡骸を見ていない。遺体は父が雑木林の向こうに埋めに行ったはずだ。今度ばかりは、翌朝の犬小屋にロンが戻っていることはなかった。

これが、ロンとの思い出の断片である。今思うと、本当に賢く愛情深い犬だった。祖父の言葉にあったように、もっと大事にしたらよかったのにと今でも思う。ロンは家族の一員だったのだから。



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-30 07:00 | 犬について

犬との生活<中篇>

ロンの胴を枕に昼寝した日が懐かしい
f0297680_10295298.jpg
いつだったか覚えていないが、父は庭の隅に犬小屋を作った。犬小屋といっても、サーカスのライオンなら2頭押し込めるほどのサイズがあったのではなかろうか。前面に金網が張られ、昼間はしっかりと陽が入ってくる犬小屋は、僕と弟にとっての格好の遊び場でもあった。そして、疲れると二人してロンの胴を枕に昼寝をしたものである。あの動物特有の匂いを、時々懐かしく思う。

付近の子供たちと遊ばず、犬とばかり遊んでいた僕を母親は心配に思っていたようだ。今でもそうだが、発想が変わっていたらしい。将来に不安を感じた母は、幼稚園に上がる前の僕を知能検査に連れて行った。その時先生から、「家族は何人ですか?」と質問されたのをしっかりと覚えている。もちろん子供でも、これが知能検査というのは心得たもの。何故こんな簡単な質問をするのか不思議に思ったものだ。答えは簡単、4人である。

その時、3歳の僕はひらめいた。「そうか、これはひっかけだ」と。そして、よく考えて「5人」と答えた。怪訝な顔で「どうして5人なのかな?」と質問する先生に、「お父さん、お母さん、僕に、弟とロン!」と得意気に答えたものだ。

家に帰ってから、母に随分と怒られた。「家族とは人間のことを言うんです!」と。もちろん、僕は泣きながら反論したが・・・。IQ140を超えると「天才」と呼ばれるそうだが、たとえ検査でどんなにいい結果が出ようと、犬を家族と言い張る息子を、母はさらに心配したようだ。

後年、同じような過ちをしている子供がいるのを知った。名前は野原しんのすけ。あの漫画「クレヨンしんちゃん」の主人公である。彼も、幼稚園で家族の人数を聞かれ、犬の「シロ」を数に入れていた。僕はそんな子供だったのかもしれない。ちなみに公式HPによる野原しんのすけ君のプロフィールは、「B型。きれいなおねえさんとピチピチ・ギャルが大好き。性格は超マイペース。まわりを自分のペースに巻き込んでは、やりたい放題の天才・・・・・・」だそうだ。どこか似ているかもしれない。ま、PTAから子供に読ませたくない文筆家に選ばれないよう、気をつけたいものだ。

さて、幼稚園に上がっても僕は相変わらずだったようで、キャーキャー叫びながら遊ぶ同級生達には馴染めず、「いったい、これのどこが面白いんだ?」という顔で、遠くから眺めていたらしい。そんな友達のいない僕を、ある日、幼稚園の門柱の脇で座って待っていたのがロンだった。犬は飼い主の帰るタイミングが分かる、ちょっとしたテレバシーの能力があるらしい。だからこんなことがあったんだと思う。それにしても、幼稚園の敷地に入らず、門柱の脇で待っているとは、なんと賢い犬だったのだろう。

幼稚園から一緒に帰った子供の名前は覚えていないが、ロンと帰ったことだけはしっかりと覚えている。そう、間違いなくロンは友達以上の存在、大事な家族だったのである





■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■  
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-29 10:36 | 犬について

犬との生活<前篇>

この犬は賢い。大事にしないといけない。祖父はロンが聡明なことを、いち早く見抜いた。
f0297680_2334529.jpg

 僕が生まれた時、「ロン」はすでに家族の一員だった。ロンとは実家で飼っていた雑種の犬の名前である。家を建てた大工が、周りに家がないから無用心だと、プレゼントしてくれたのだ。横浜といっても、だいぶ昔の話である。住宅街の外れの家のすぐ隣は畑で、その向こうには雑木林が広がっていた。

どうして茶色の雑種がロンという名前になったか、理由は誰も覚えていない。母親が好きなアメリカのメロドラマの主人公だと記憶していたが、どうやら違うらしい。ともかく僕が生まれた時、すでにロンと呼ばれていたようだ。

ロンが聡明なことを、いち早く見抜いていたのは祖父だ。初孫だった僕の顔を見に来た際、「この犬は賢い犬だ。大事にしないといけない」と口にしたらしい。別にお手とかお座りとか芸ができる訳ではないが、今考えるとたしかに賢い犬だった。

当時はのどかな時代である。犬に鎖をつける必要もなくロンは芝生の庭を自由に行き来していた。そして、庭で遊ぶ僕に構ってくれていた。僕はいつも座ったロンの背中を撫ぜていたように思う。芝生の匂いと、ロンのつやつやした背中の感触を、今でもはっきり覚えている。間違っても噛まれることなどなかった。

最初はロンのための犬小屋は無かった。だから母は、一人で買い物に出かける際は、必ず勝手口のたたきにロンを戻していたという。ところがある日買い物から帰ると、ロンがたたきにいない。大きな声で名前を呼ぶと、応接間から頭を垂れて戻ってきたそうだ。そのすまなそうな姿。自分の犯した罪を分っていたのだ。それを見た母は、とても怒ることが出来なかったという。ロンは勝手口から静かに外に出ていった。

僕達親子とロンは、何度か一緒に買い物に出かけている。が、鎖もない犬だ。僕らが買い物の最中、いったいどうしていたのだろう。記憶がない。だいたい母は、買い物と僕と弟のことで手一杯である。放っておいても、ちゃんとスーパーの前で待っていたのではないだろうか。賢い犬である。たぶんそう思う。

  ある時、近所のお母さん方と連れ立って、徒歩40分ほどの市場に出かけたことがあった。ロンも一緒だ。結局その日は荷物が多くなりタクシーで帰ることに。いくら賢くてもやはり犬だ。ロンも母について一緒にダクシーに乗り込んできた。母は、その時強い口調でロンを追い出したことを今も悔やんでいる。まだ若くて気がまわらなかったと。

結局、ロンは何事もなかったように戻ってきた。犬には、人間よりも優れた能力があるのだろう。とはいえ、タクシーから追い出された時のロンの気持ちを思うと、母が後悔するのがよく分かる。

これが、僕の1,2歳の頃のロンの記憶の断片である。僕が生まれた時、間違いなくロンは家族の一員だった。






■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-28 23:05 | 犬について

コーヒーは苦手

コーヒー好きは75%!

f0297680_16164976.jpg

10%しかいないコーヒー嫌いは少数派。僕は、これに当たる。

 それにしても多いね、コーヒー好き。アメリカでは91%の人が、毎朝コーヒーか紅茶を飲むそうだ。東京のカフェでも、カフェインの入っていない飲み物を探すのは結構苦労する。実はコーヒーを飲むと、眠れなくなるのだ。しかも変にハイテンションになって、ちょっと迷惑をかけたりして・・・。

 本当はコーヒーの香りは好きなんだけど。だから、どこかで時間をつぶさないといけない時、しかたなく頼んでしまうのである。

で、夜眠れなくなってしまうんだよなぁ。

という訳で、家にはコーヒーを置かないことにしている。これから淹れるのは黒豆茶。コーヒーに近い深い香りがあって、結構いいものですよ。イソフラボンも豊富だというし。

興味のある方は、是非お試しのほどを。




■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-27 16:18 | 食生活を考える

朝食不要論

人類が朝食を摂るようになったきっかけは、トーマス・エジソンが発明したトースターを売るため?
f0297680_13143943.jpg

 エジソンは自身の製品を売るため、「朝食必要説」をでっちあげ、マスコミ相手に「健康のためには1日3食とりましょう」と語ったという。1900年初頭のアメリカは1日2食が普通だったが、メディアを通してこれが発表されると、「あのエジソンが言うんだから」と、あっという間に1日3食が広まったとか。

 当然、この美味しい話に穀物メジャーが乗っかった。朝食の重要性を説いて必要以上に「食料需要」を煽ることで、彼らはこれまで莫大な富を築く。そして「朝食不要論者」を、自ら持つ力と金で抑え込んできた、というのが朝食不要論者の説である。

 ちなみに朝食が不要な主な理由は以下の通り。

・朝起きてすぐに食欲がないのは、体が欲していないから
・「朝食を食べる」誤った食習慣は自律神経のリズムに狂いを生む
・朝食を食べてすぐに活動すると胃腸に十分な血液がいかない
・朝食を食べなくても脳やからだに必要なエネルギーは足りている
・日本も外国も昔は二食で、朝食は正午にとっていた
・朝食廃止の二食にすれば、「小さな断食」の効果が得られる
・人間のからだは、飢えを感じたときに自然治癒力が高まる
・「活動してエネルギーを使ってから食事をとる」のが自然の摂理
・「朝食を抜くと太る」は、まったく根拠のない俗説だった
・「朝食廃止」こそ成人病を予防する最小の健康法

 エジソンの一派の差し金か、現代栄養学は「朝食を摂らないとブドウ糖が不足するから頭が働かない」と説く。だが僕の場合、しっかり朝ご飯食べると疲れてしまい、ちょっと休憩~っとなってしまう。エネルギーを摂り入れたはずなのに、エネルギーを消費したみたいで、なんか変だ。で、調べてみると、一日の食事の消化に使われるエネルギーは、マラソンに匹敵するほどという。おいおい、そんなに走れないって。食べるって、案外大仕事なんだね。

 実際朝食を抜くと体内のブドウ糖は足りなくなるが、体は余分な体脂肪を分解して対応するらしい。だから、少し痩せるし、ブドウ糖が無くなっても「脳が動かない」ことは無いだそうだ。

 そのうえ午前中は、体にとって排泄に適した時間である。ところが朝食を摂ると、血液が胃腸のほうに回り腎臓に行かないため、老廃物を排泄しにくくなりるらしい。やがてこれは宿便をためこむことになるそうだ。現代の食品は多くの悪い化合物を含んでいるので、排泄出来ないと病気になりやすいのは、よく知られた話だろう。

 ま、色々な説があるが、一人一人の体は違うので、自分の体調に合った食生活をすればいいと思う。

 ちなみに僕は、もう何年も朝食を食べていない。排泄を良くする生姜紅茶と、何か少し糖分を摂った方が脳にいいように感じるので、低速ジューサーで絞った人参ジュースを飲んでいる。排泄のためと固形物を食べると眠くなるので、ジュースなのだ。今のところこの食生活で、病院から大きな問題を指摘されることはないから、僕には合っているのだろう。

 長々と書いたが、何かの参考になれば幸いである。


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-26 13:38 | 食生活を考える

早寝が重要な訳

夜に仕事をするのは大凶
f0297680_18432230.jpg


この言葉は、6月11日にアップした江戸時代の観相家、水野南北のもの。
彼はどんな理由でこう説いたのか。ちょっと考えてみよう。

「50歳を過ぎても30代に見える」で有名な医師・南雲さんが、午後10時〜午前2時の4時間は睡眠のゴールデン・タイムだと力説している。この時間帯に眠ると、成長ホルモンが分泌されるからだ。たしかに彼は、若く見える。

で、この成長ホルモンの効果は以下の通り。

1. ダイエット効果: 成長ホルモンの分泌により「たんぱく同化作用」という作用が起きる。これにより太りにくく痩せやすい体質になる。

2.美白効果:成長ホルモンはメラニン色素を取り除く効果があるので、皮膚が白くなり、しみやそばかすが減る効果がある。

3.創傷治癒効果:成長ホルモンの働きで、皮膚の痣や傷、それに体内の血管などにできた炎症や粘膜の傷を修復する作用がある。

美しい肉体を保つためにはもってこいだ。でも、仕事の良し悪しには関係ないようにも思う。

何故南北はこう言ったのか。もしかするとそれは、6月17日の「風水に拘る理由」に書いたように、夜の遅い時間には霊が出てきて悪さをするからではないだろうか。特に丑三つ時。午前1時から3時は、鬼門である北東の門が開いて霊が人間の世界をウロウロするという。「草木も眠る・・・」の時間に起きていたら、それこそ標的になってしまうだろう。

そう思って周りを見渡して欲しい。この時間に仕事をしている人で、運のいい人がいるかを。夜のお姐さんでも、11時に仕事が終わる人と、朝の5時まで働いている人では、運が違うように思う(勝手な想像だけど)。ホラー小説で知られるスティーヴン・キングですらこの時間にはすでに床について、朝に仕事をしているのである。霊の助けでああした小説をものにしている訳ではないのだ。

それにこの時間に起きている人は、ちょっと重いエネルギーを帯びている。だから僕は、ハグをしただけで、どっと疲れてしまう。鈍感な人は気づかないかもしれないが。

だから夜に仕事をするのは凶だと水野南北が言ったのではないだろうか。

幸いにして、今は朝の4時からサッカーの試合がある。これを機会に、早寝早起きの習慣が身に付けようと思っている。





■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-25 18:48 | あれこれ考えて

優しい社会

余命10年で犬を飼うのは罪か
f0297680_21324914.jpg

 ある医者が、冒頭のような報告をしていた。感情豊かな犬と生活していると、人間も癒される。特に高齢者の独り暮らしの方にとっては、素晴らしいパートナーになるだろう。

 ところがこうした高齢者が亡くなると、犬の引き取り手がなく、処分のため施設に持ち込まれる数が増えているという。もっともすぐに殺されてしまう訳ではなく、動物保護をしているボランティア団体が一時預かりをし、相応しい里親を探しことも少なくない。

 だが、高齢者の死亡により施設に持ち込まれる犬の数が半端ではないのだそうだ。だから、ボランティア活動をしている人の中には、「なんで高齢で犬を飼うかな」「人間は寂しいのを我慢すればいい」と、心無い発言をする人も少なくない。

 これは、本末転倒だろう。犬が殺されるのも可愛そうだが、人間だって精神的に豊かに暮らしたいのだ。彼らの心をもっと思いやるべきではないか。もちろん愛情を持ってペットと生活している方は、もしもに備えておくことは言うまでもない。高齢者にとって、日本はもっと優しい社会であればいいのに。いつも思うが、日本は弱者にけして優しい国ではない。
 

 ところで、前述の心無い発言をするボランティア活動の方は、牛も豚も食べないのだろうか。ふと思った。


写真は取材で訪れたミラノ。



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-24 21:35 | 犬について

撮る理由

写真というものは難しいものではない、
言うべき何かを持っていれば。

f0297680_20342672.jpg

先日まで恵比寿の写真美術館で行われていた「マリオ・ジャコメッリ」展で心に残っている言葉。そう、カメラの性能に任せて撮ってはいけない。何故シャッターを押したか、明確な理由が必要だ。これからも、この言葉を忘れないでいたい。

写真は、ミラノのドゥオモ広場で撮ったもの。ちょっとクラシックな雰囲気で仕上げてみた。彼らの洒落た自転車ライフが分かることだろうか。



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-23 20:36 | 写真・カメラ

20日は満月の夜

満月に向かって財布を振ると、お金が増えるらしい
f0297680_3531263.jpg
で、20日(日)は満月。最も満ちるのは20時32分。財布を振ってお金が増えるのは、この±1分なのだとか。
誰が言い出したか知らないが効くらしい。効果のほどは実感していないが、とりあえず先月からやっている。明日も忘れないようにしよう、っと。 





■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-22 22:21 | 日々のあれこれ

夏至

電気を消して早く寝よう
f0297680_224284.jpg

311以降、みんな忘れているよね。
こんな電気を使う必要はない。
早く寝て、早く起きて。
電気を使わないだけでなく、朝を楽しむ人が増えたらいいのにね。






■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-21 22:06 | 日々のあれこれ