日々思うことをつらつらと


by joe-suzuki

<   2013年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

最近の食生活

バナナはステーキよりもタンパク質が豊富
f0297680_20401773.jpg


 ひと月ほど前に、自分の体に合っているので、毎日の食事にローフード的な要素を高めてみたと書いたところ、猛烈な反撃を受けた。朝は絞った人参ジュースに、昼は果物。おやつにグリーンスムージー、夜はグリーンサラダに玄米ご飯と汁ものが基本というスタイイルにしてみたが、これだと炭水化物とタンパク質が少なすぎるというのだ。助言をくれたのは、「栄養学」を学んだ友人。実はグリーンスムージーにはバナナを使っている。ステーキよりもタンパク質が豊富な食べ物だ。たぶんこのことを、栄養学では教えていないのだろう。

 大事なのは、僕自身の体が軽くて、気分がいいいことだ。特に果物は30分で消化されるので、食後に眠くならない。肉だと8時間かかることを考えると、昼の果物は内臓への負担が極めて少ないものである。しかも準備が驚くほど簡単だ。

 もっともこう書いてから、この一ヶ月は毎晩のように仕事のレセプションなどがあり、頼まれもしないのに飲んでしまっている。これが問題だ。お酒を一杯だけ頂くというのは、僕にとって難しいことである。しかも飲むと、ついつい食べ過ぎてしまう。心掛けている腹六分目にはほど遠い。当然翌朝は体が重く頭もさえず、スローな午前中を過ごしてしまうのである。これからは、食事だけでなく、酒を上手くコントロールする必要があるだろう。

 では断酒をすればいいのか。そう簡単ではないようだ。4年前、2か月ほどお酒を断ったことがある。さぞ体調がいいだろうと、かかりつけの中国医学の先生に診てもらったらところ、内臓は良くなったが、生命としてのエネルギーが失われていると診断された。適度にお酒を飲むことで、人間は何らかの力を得ているようだ。面白いものである。

 若い頃は体のために食べ物を慎むことなど考えられなかった。ところが今は、いかに体調を維持するかが仕事の一部となっている。聞けば村上春樹さんは、同じペースで2か月間執筆ができるのだとか。単に才能があるだけでなく、心身をコントロールできるから残るものが書けるのだろう。

 という訳で、食生活を慎み、残る仕事を手掛けたいと考える今日この頃である。






■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-20 20:45 | 食生活を考える

モノクローム

白黒の写真は想像力をかきたてる。
f0297680_22142362.jpg

面白いことに、写真コンテストに応募してくる写真の4割が白黒なのだとか。
カラー写真の時代の今でも、クリエーションの世界では白と黒とで表現することは極めて重要のようだ。
制約があることで、見る者が想像力を膨らませてくれるからである。
それゆえライカは、白黒専用のデジタルカメラを出した位である。

そんな訳で、このブログもこれまで白黒の画像を添付してきた。
あえて白黒にすることで、文章を読んだ皆さんに、筆の力の足りない分を補って貰えたらと都合のいいことを考えているのである。
もっとも美味しそうな料理は、絶対カラーの方がいい。
さて、その時どうするか。
時が訪れたら考えることにしよう。




■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-19 22:27 | 写真・カメラ
こんなにスピリチュアルな歌だったのか。洋楽には、歌詞の内容などまるで知らずに聴いている曲が少なくない。という訳で、相変わらず勝手に訳してみた。
f0297680_6134918.jpg

【宇宙のファンタジー/アース・ウンド&ファイアー】

誰もの心にある聖なる領域
そこは無限に広がる神秘の宇宙
そのファンタジーを誰も邪魔はできない
さあ迷うことなく 内なる宇宙へ飛び立とう
君の夢全てが叶う世界へ
そして僕らは一緒に生きるんだ
永遠にいつまでも
僕らの声は高らかに鳴り響く
ずっとずっと ひとつの音となって

心にあれこれ浮かぶ想いはすべて
だんだん大きなひとつの流れになって
やがて僕らの現実になる
だから信じる気持ちを持って
内なる宇宙へ飛び立とう
あらゆる夢が叶う世界へ

僕らの声はひとつになって鳴り響く
永遠にいつまでも 神とひとつになって

気が付くんだ
僕らの内側に、聖なる宇宙があることを
だから どんな人生にも意味があり
魂は永遠に不滅で自由だ
それが宇宙の摂理さ
僕らの魂は、永遠に探究の旅をする、
過去を克服し、成長し、神とひとつになって

分かったかい
聖なる宇宙が無限に広がっているのを
だから、今の人生には本当に価値がある
内なる宇宙のファンタジーの世界に目を向け
魂が喜ぶ体験をしよう
何度も生まれ変わってきたのは、
この秘密に気づくため
前世から用意された生きる意味を
内なる宇宙で見つけるんだ
その時 神は祝福されるだろう

さあ、ついにその時が来た
君の夢が全て叶う時が
いまこそ風に乗り 飛び立つんだ
溢れ出る喜びで声高らかに叫びながら
自由だ そう私の魂は自由なのだと



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-18 09:03 | 勝手に訳してみた

風水に拘る理由

高いエネルギーは結界となるため、低級な霊は近づけない
f0297680_1215783.jpg

 僕のことを長く知っている人はご存知の通り、僕は風水に拘った生活をしている。かれこれ12年になるだろうか。こうした生活をしているのは、明確な根拠があるからだ。

 そもそも、僕が風水に拘るようになったのは、文筆家になって文章を書く机の位置や方向で脳の回転が違うことに気がついたからだ。考えてみれば、ピラミッドは正確に東西南北を向いている。なるほど、そういうことか。方角とは、現代の科学ではまだ解明できない不思議な力を持っているはずだ。 そんな訳で、風水生活を始めたのである。

ところが、これがどれだけ効いているか実感が無い。いつも他人から、運がいいと言われるが・・・

 そうこう思っているうちに、その効果がはっきりと分かる事件が起きた。 4年前の夏、友人と我が家で飲んでいた時のことである。憑依体質のその友人がちょっとご機嫌になった瞬間、べらんめえ口調の男がとり付いた。口調は全くの職人のもの。上から目線で喋る友人に、僕は敬語で対応したものだ。

 もうこいつは一人で帰れない。が、夏なので大丈夫と思い、友人を放っておて僕は眠りについていたところ、友人が急に苦しみ始めた。時刻はちょうど丑三つ時。苦しみながら、「窓を開けてくれ」「塩をくれ」と要求してくる。言われるままに窓を開けると、突然女性が憑依して泣きながら訴えてきた。

 「ジョーさん、風水してるでしょう。風水をしているから、周りに結界が出来て、私たちが取り付けないの。いたずらして人の足をちょっとひっぱったり、ふと何かを思い出させたりしているのも全部霊の仕業なの。でも、あなたの周りに結界が出来ていて憑りつけない。風水を止めて・・・」

 人生で最も恐ろしかった瞬間かもしれない。

 しばらく憑依した女は泣いた後、どこかに去っていった。 もちろん、作り話ではない。僕が体験した話だ。

 いくら霊に言われたからとて、こんな低級なヤツの言葉に従ってはいけない。高級な霊ならもっと人のためになるアドバイスをしてくれるはずだろう。

 さて、この事件でいくつか分かったことがある。 パワースポットを訪れると人のエネルギーが上がるのだ。(人の体は固体のように見えるが、隙間だらけで分子スゴイスピードで動き回っているエネルギー体である。たぶん物理で習ったらはずだ。)高いエネルギーはそれが結界になる。だから、エネルギーが低い人と、高い人に近づけない。玉の輿を願ってもなかなか実現しないのは、そのためだろう。

 だから、誰でもいいから早く結婚したい人は、あまりパワースポット巡りをしない方がいいのかもしれない。結界が出来て、ダメ男が寄ってこなくなるからだ。えっ?そこまで男に困っていないって?失礼しました。ま、例えである。

 それともう一つ。丑三、つまり午前1時から午後3時は、やはり魔の時間帯だ。この時間帯に起きていると、悪いものが憑いて運気が落ちると言われている。なるほど、体験すると分かるものだ。運気アップを考える人はお忘れなく。

 ちょっと不思議な話だが、運気を上げたい人の参考になればと思い紹介させて頂いた。それこそ、信じるか信じないかは、あなた次第だ。






■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-17 06:40 | About Joe

絵画的な写真を撮るには

デジタルカメラの時代の今、いい先生につけば素人でも1年でゲッティの写真家になれる
f0297680_10534653.jpg
Photo by Adam Pretty :2011World Press Photo Contest ; 2nd Prize Winner for Sports Stories category. FINA World Championships at the Oriental Sports Center in Shanghai, China, on July 17, 2011 写真:アダム・プリティ。 

3月にスポーツ写真家であるアダム・プリティのトークイベントにでかけた。非常に心に残るものだったので、紹介しようと思う。

今回添付した写真で、彼は2012年世界報道写真のスポーツ写真の分野で2位になった。2011年の上海で行われた、世界水泳大会を撮影したものだ。世界大会である。やらせではない(合成はしているだろうが)。

 こんな絵画的な写真が撮れるとは、絶妙のタイミングである。この時間、この角度であれば逆光で、シルエットが見えることを事前のロケハンで知っていたのだ。彼は撮影前の準備が大事で、多くのスポーツカメラマンがたむろすエリアでは撮影しないという。だから彼は、他の写真家とは違う、絵画的で物語を感じさせる作品をものにしているのだろう。

 アダムさんは、ゲッティ・イメージに所属する写真家で、現在日本を拠点に活動している。今日もどこかのスポーツイベントが、彼に撮影されているに違いない。

事前準備を怠らない、以外にも彼のセミナーで参考になった事を書いておく。

現場の人たちとコミュニケーションをとる。
掲載に必要な写真が撮れたら、後は違ったスタイルで撮影してみる。
違う分野の写真にもトライしてみる。
自分のやりたいことを変えない。
ユニークで、他人と違う存在であること。
年末に、その年撮影したもののポートフォリオを作ってみること。

ちなみに驚いたのは、

撮影後の編集作業の割合が、50~80%であること。
海外では、フリーランサーはオリンピックなどで撮影できない。
デジタルカメラの時代の今、いい先生につけば1年でゲッティの写真家になれる。(中国時代の彼の運転手は、今、ゲッティで撮っている)

刺激になった。
もっと頑張ろう。




■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-16 10:58 | 写真・カメラ
Jasper Morison and his new watch PLEASE for Issey Miyake.
昨日は、ジャスパー本人から連絡があり、彼の新作ウォッチ、「PLEASE」の発表会へ、南青山のプリーツ・プリーズへ。
f0297680_9203332.jpg

 これまでジャスパーはRADOとMUJIから時計を発表しているが、今回の時計は三宅さんのプリーツを思わせる、「ひだ」がベルト部分に入ったもの。色も白・黒の定番の他に、赤・グリーンのモデルが用意されている。今後は、カラフルなプリーツのように色展開を行う予定だとか。そう、意外かもしれないが、ジャスパーのプロダクトは、白とか生成りだけではないのだ。値段も2万円台。僕は普段は時計をしないが、青が出たらちょっと欲しいかな。





■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-15 09:26 | 日々のあれこれ
最近怠け気味の自分に喝を入れる意味も込めて、紹介してみた。
f0297680_7135641.jpg

 最初にこの歌を聴いたのは、1988年のボストンのコンサートホール。トレーシー・チャップマンは、1000マニアックの前座だった。地元で弾き語りをしていて評判になり、デビューしたばかり。メインアクトを喰ってしまうパフォーマンスの中で、この曲は特に素晴らしかった。多くの人がカバーをしてきた名曲である。

【ファースト・カー】

貴方には素敵な車がある
そして私は 今の生活とおさらばしたい
ねえ 取引しない

一緒になったら、素敵なことが起こるかもしれない
少なくとも今よりましよ
失うものがない二人 怖がることはないでしょ
きっと良くなるはず
自信なんかないけれど

貴方には素敵な車がある
それに乗って この町を出ようよ
長くコンビニで働いたから
ちょっとお金があるの
そんな遠くなくていい
州境を越えたところにある大きな町なら
二人に仕事があるんじゃない
そうしたら人生が楽しくなるはず

父は問題がある人で
酒びたりの生活をしている
肉体労働で体はボロボロ
老け込む年齢ではないのに
そんな父を置いて母は去った
もっといい生活を求めて
残った父を支えるため
私は学校を辞めて働いた

貴方には素敵な車がある
二人を新天地に連れて行ってくれる
もう 心を決めないと
今晩街を出るか 死ぬまで今と同じ生活を続けるかを

貴方の隣に座って走り出すと
住んでいた町は猛烈なスピードで遠ざかる
まるで夢みたい 
遠くに大きな街の灯が見える
肩にまわした貴方の腕が心地よい
愛されているのね 私
もう昔の自分じゃない 新しい私の人生が始まる 

貴方の素敵な車で
ドライブを楽しむ日もあるけれど
貴方はまだ仕事にありつけず
私はスーパーのレジで働いている
でも これからはもっと良くなるはず
貴方は仕事見つけ 私は昇進し
今のみじめな生活から抜け出すのよ
いつか 郊外に大きな家を買って住むために

貴方には素敵な車がある
日々の支払いは私の稼ぎ
なのに 貴方はバーで飲んだくれ
子供の顔も見ずに 遅くまで仲間たちと過ごす
いい生活ができますようにと ずっと願ってきた
貴方と一緒なら たぶん大丈夫と
でも 私にはどうしたらいいか分からない
貴方は相変わらずお気に入りの車で出かけるだけ

私は忘れないわ
貴方の隣に座って走り出すと
猛烈なスピードで景色が流れ出し
夢見心地でいたのを 

遠くに街の灯を見ながら
肩にまわした貴方の腕が心地よい
愛されているのね 私
もう昔の自分じゃない 新しい私の人生が始まる
そう思ったことを 

貴方には素敵な車がある
それに乗って 人生を変える所に行けるのに
もう 心を決めないと
今晩街を出るか 死ぬまで今と同じ生活を続けるかを





■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
 
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-14 07:15 | 勝手に訳してみた
身長161㎝、体重48キロ
一日二食 朝は4時起き 
f0297680_971898.jpg
 ちょっと気になったので、片岡鶴太郎さんについて調べてみた。
贅肉の無い体はボクシングワークの成果ではなく、果物中心の一日2食のライフスタイルにあるようだ。ブログから興味深いところを拾ってみると・・・ 

本日2時起床。
(いつもは4時起床)
真っ暗です。呼吸法、瞑想をし、
グレープフルーツ、いちご、メロン、ブルーベリー、フランボワーズ、
ヨーグルト、豆乳、酵素、梅エキスを食し、
早朝6時20分の新幹線で仙台へ。

私は早朝起床の時には、お酒はもちろん夕食も摂りません。
お腹を空っぽにして内臓も休ませてあげて、
ひたすら睡眠に集中します。
午後7時に休み、2時起床。
しっかり7時間の睡眠です。
そして呼吸法、逆立ち、瞑想をして、ゆっくり果物を頂きます。
朝から快調です。


 うしたライフスタイルになって鶴太郎さんは、芸人から画家に転身されたように思う。朝早くから絵を描き、時には10時間も連続して制作に没頭する片岡さん。食べる物や早起きで人生が変わるんように思う。見習いたいものだ。





■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-13 09:09 | 食生活を考える

2013年6月11日

Interview with Ville Kokkonen, design
director of Artek
from Finland. Shot on the
street of Shibuya.
歴史あるフィンランドの家具メーカー、アルテックのデザインディレクター ヴィッレ・コッコネンさんをインタビュー。彼はまだ30代。会うのは、彼がこの職に就いた2009年以来か。渋谷でランチをとりながら2時間のお喋り。ちょっと大きな記事にする予定。小雨降るなか、渋谷の路上でポートレートを撮った。
f0297680_1116020.jpg



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-12 11:20 | 日々のあれこれ
今年になって犬について色々と調べている。僕が犬を飼っていたのは子供の頃。飼っている方にとっては当然かもしれないが、随分と発見が多い。
f0297680_8104021.jpg

 まず、これほど感情が豊かな生き物だとは思わなかった。喜んだり、怒られると涙を流したり。時には場の空気を読み、飼い主の顔色を窺うことも。中には自分が可愛いのを知っていて、写真に撮られるのが好きな犬もいる。人間の膝に乗りたがるような甘えん坊や、怖がりで掃除機の音におびえたりするなど、本当にそれぞれ個性豊かだ。プードルやパピヨンなどは、賢い犬種であることも知った。

 社会経験が少ないと困った行動に出たり、食べ物や愛情で健康を取り戻す姿を見るとどこか人間に近いものを感じる。犬は本当に興味深い。

 犬を飼ったら、さぞかし楽しいだろうなと想像する一方、マイナス面にも気付かされた。犬が服を着るのは、人間のエゴだけでなく、寒さ対策でもあることが多い。行き過ぎた交配のため、9割が白内障になる犬種もあるそうだ。特に愛玩動物として作られた小型犬は病気が多く、その結果、病気になると捨てられることも少なくない。年に5万匹近くの犬が、殺処分されているという。

 心無いブリーダーも多く、劣悪な環境で育てられた犬は、若いうちから体に異変をきたすことも。例えば舌が出たままの犬は、歯石がたまり歯を失ったり、顎が溶けている場合が少なくない。歯石をとるのは、もちろん人間だが、繁殖のため散歩はおるか、こうしたケアーもされず、ただ子供を産まされる犬も少なくないようだ。

 放っておくと、毛が伸びてレゲエ風に毛玉になってしまう犬は、人間にトリミングされなければどうやって生きていくのだろう。なんとも不思議な生き物が生み出されてしまった気がする。
 
 フランスでは、アパートで犬を飼うことを大家が禁じてはいけないらしい。だが残念なことに、今の僕の住まいでは犬を飼うことはできない。それゆえあれこれ調べてきたのだが、色々な問題点に気付いた今日この頃である。




■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
[PR]
by joe-suzuki | 2013-06-12 08:14 | 犬について