日々思うことをつらつらと


by joe-suzuki
結婚をしばしば宝くじに例えるが、それは誤りである。宝くじなら当たることもあるのだから。   バーナード・ショー
f0297680_9292683.jpg


バーナード・ショーは、「シェイクスピア以来の・・」と言われる、ノーベル文学賞を受賞した劇作家だ。代表作の「ピグマリオン」は、映画「マイ・フェラレディ」の原作としてもしられている。

で、「ピグマリオン」はギリシャ神話「ピュグマリオーン」から来たもの。あらすじを引用すると以下の通り。

現実の女性に失望していたピュグマリオーンは、あるとき自ら理想の女性・ガラテアを彫刻した。その像を見ているうちにガラテアが服を着ていないことを恥ずかしいと思い始め、服を彫り入れる。そのうち彼は自らの彫刻に恋をするようになる。さらに彼は食事を用意したり話しかけたりするようになり、それが人間になることを願った。その彫像から離れないようになり次第に衰弱していく姿を見かねたアプロディーテーがその願いを容れて彫像に生命を与え、ピュグマリオーンはそれを妻に迎えた。

バーナード・ショーが戯曲家として成功したのは、40代になってからだ。舞台「ピグマリオン」のヒットで、経済的に潤ったのは、60歳に近くなってからである。

25歳でベジタリアンになっているが、その本当の理由は、肉を買うことができないほどの貧乏だったからとも。だから会食では、出席者が食べ終わった頃にやってきたらしい。

調べてみると、 「金が無いのは諸悪の根元である」 なんて言葉を残しているし、 「あなたが一番影響を受けた本はなんですか」と質問されて、 「銀行の預金通帳だよ」という言葉を残している。

そんなショーも、40歳前に貴族の奥さんを迎え郊外の大きな家に移ったが、豊かになっても奥さんがベジタリアン料理を作っていたようだ。

菜食のお蔭か、年齢よりも若く見え94歳で亡くなっているが、こんな言葉も残っている。

「私は現在85歳だが、これまでと同じように元気に仕事をしている。もうかなり長く生きたので、そろそろ死のうかと思っているのだが、なかなか死ねない。ビーフステーキを食べれば、ひと思いに死ねると思うのだが、私には動物の死体を食べるような趣味はない。私は自分が永遠に生きるのではないかと思うと、空恐ろしい気分になる。これが菜食主義の唯一の欠点である」

それから、こんな言葉も。

「食物を愛するよりも誠実な愛はない。」

彼の警句は本当に面白い。ついでにいくつか紹介してみよう。

パーティである有名な女優に、
「あなたの知性と私の美貌を兼ね備えた子供が生まれたらどんなに素晴らしいかしら」
と求婚されたのに対し、
「あんたの頭と俺の面の子供が生まれたらどうするね」
と応えたという。

「金曜日に結婚すると不幸になるというのは本当でしょうか」
と若い女性に聞かれ、
「どうして金曜日だけが例外であり得るのか?」
とも応えている。

でも、ショーの結婚は、結構幸せだったようだ。

ちなみに、次の名言もバーナード・ショーのもの。

「事実は小説よりも奇なり」

「グラスに入っているワインを見て『ああ、もう半分しか残っていない』と嘆くのが悲観主義者。  『お、まだ半分も残っているじゃないか』と喜ぶのが楽観主義者」

「男はずるがしこい。 女の最初の男であろうとする。 でも、女はもっとずるがしこい。男の最後の女であろうとする」

若い頃は懐が豊かでなくても、話していて面白い人物だったのは間違いない。
長くなりすぎたので、今日はこの位で。







■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
[PR]
# by joe-suzuki | 2013-07-30 09:31 | 食生活を考える
メディアの方は英語で質問してください
f0297680_817827.jpg


間違ってコーヒーを飲んでしまい、床に入っても眠れなかった昨晩。テレビをつけたら、松井秀喜のヤンキースでの引退セレモニーが放送されていた。

ヤンキースでデビューしてから10年。名門ヤンキースで、こうした華やかなイベントが開けれるのだから、間違いなく名選手である。しかも多くの選手から、人格者として認められる人物だけに、テレビを見ていてちょっと違和感を覚える番組だった。

気になったのは、日本語でインタビューに応えていることだ。アメリカでもファンが多いはずなのに。きっと日本で放送されないだけなのだろう。松井のことだけに、そう思いたいものだ。

いつも思うものだ。海外で活躍するスポーツ選手は、日本のではなく、まずは地元のメディアに応えるべきだと。その点、中田英寿のように、「メディアの方は英語で質問してください」というのは当然かと思う。

あ、もしかしてこう発言すると、メディアから総スカンを食らうのだろうか。
日本のスポンサーも大事だから・・・

ともあれ、松井のテレビを見ながら思ったものである。

ちょっと残念と。





■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
[PR]
# by joe-suzuki | 2013-07-29 08:18 | 日々のあれこれ
イタリアの人間国宝的存在にインタビュー
f0297680_8141.jpg

先月、神の手を持つと言われる木工のマエストロ、ピエルルイジ・ギアンダ氏をインタビューする機会を得た。イタリアの人間国宝的な存在である。87歳の彼は、何ともダンディ。久しぶりに、ネクタイ・ジャケットで、インタビュー・撮影に臨んだものだ。

彼の手元にあるのは、釘を一本も使わずに組み立てられたテーブル、「Kyoto」。イタリアのデザイナー達と日本を視察した時、仲間から「こんな精巧なモノ、作れないだろう」と言われたので、できることを証明するため作ったそうだ。ちなみに、京都で発想が浮かんだので名前にしたとか。

しばらく青山カッシーナ・イクスシー本店で展示中。

インタビュー記事は、発売になった『ENGINE』に掲載されている。

今回の『ENGINE』はポルシェ特集。この特集をすると、たいてい売り切れとなる鉄板企画なのだとか。インテリアでいう、北欧特集のようなものか。興味のある方は、売り切れる前に是非。




■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
[PR]
# by joe-suzuki | 2013-07-28 08:03 | DESIGN

富士山からの気

日本の経済が発展しないのは、六本木の某ビルのお蔭で、富士山の気が丸の内に流れないから?
f0297680_8283812.jpg

昨日、北参道のビルの屋上で行われたパーティに参加した。名前の通り、明治神宮の杜のすぐ脇にある建物である。上の写真が、そこからの眺めだ。

わずか10階の建物の屋上でこれだけの眺望が得られるのは、周りに高い建物が無いからだ。

で、思い出した。 

東京の町を作る時、富士山の気が流れてくるよう、皇居と富士山を結んだ線の上に明治神宮を建てたのを。そう、この神社、明治天皇が崩御してから作られたので、100年ほどの歴史しかない。

そして今もこの線上には高さ制限があるのか、高い建物が無いので、富士山からの気が皇居に流れるようにできている。誰かがそうした秘儀を知っているのである。

小田急線はこのラインに沿って、直線に走っている箇所があり、一番前の運転席の横に立つと、真正面に富士山が見えるらしい。しかも当初はこの直線に沿ってレールを敷き、皇居の下を通って、東京の東側に抜けるるプランがあったが、さすがにこれは却下されたとか。

また、丹下健三も、このことを知っていて、代々木の体育館を設計したようだ。それを彼に授けたのは、いったいい誰なのだろう?

一方、この富士山からの気をふさぐような位置に建っているのが、六本木の某ビル。お蔭で丸の内に富士山の気が流れないため、この10年、日本の経済が発展しないという都市伝説もある。

昨日のビルの屋上からの眺めは、そんな都市伝説を信じさせるのに、十分な説得力を持ったものだった。






■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
[PR]
# by joe-suzuki | 2013-07-27 08:32 | 不思議大好き

現代人は食べ過ぎ?

食べたいと思ても腹八分目で必ずおさえるんや。そうやって自分で自分をコントロールすることが楽しめるようになったら、生活変わってくるで。
f0297680_8271826.jpg


 昨日の朝の連続ドラマ『あまちゃん』でも出てきたセリフに、 「すべては運」というのがあった。そう、アキのお母さんがデビューできなかったのは、「運」が無かったというのである。

 芸能人だけではない。企業のトップに上り詰めた人が大抵口にするのが「運が良かった」という言葉だ。

 その運をよくするために、世には多くの自己啓蒙書が出ているのだが、興味深かったのが数年前にベストセラーになった『夢をかなえるゾウ』(水野敬也著)の中に、運をよくするために少食を勧める部分があったことだ。 

という訳で、その部分を引用してみよう。

(引用)

「ま、料理作ってる人や、素材になっている生き物には感謝せなあかんけど、でもな、基本的には自分ら食いすぎやねん。食いすぎると体に悪いし、眠なるし、集中力さがるし、あ、あとな、寝る前に食いすぎると目覚めが悪いんやで・・・」

「一切の疾病は宿食を本トス」 これ、ダチの言葉なんやけど。「宿食」ちゅうのは食いすぎのことでな、食いすぎがいろいろな病を引き起こすという教えなんやで」ちなみに、ダチというのは、釈迦や・・・


ま、腹八分はささいなことに見えるかも分からんけど、これ、今日からずっとやってみ。 食べたいと思ても腹八分目で必ずおさえるんや。そうやって自分で自分をコントロールすることが楽しめるようになったら、生活変わってくるで。

(引用終わり)

好きなだけ食べるとか腹いっぱい食べるのではなく、食をコントロールすることで運が変わるとは、以前紹介した水野南北の考えに近い。

こうした考え方が人々に浸透しないのは、必要以上に食べさせて利益を上げようという食産業の差し金かもしれない。

さらに、40歳になったら腹7分目。50歳になったら腹6分目でよいという説もある。たしかに今の僕は、食事をすると眠くて仕事にならない。そのうえ昔よりも食事の量を減らし、朝は人参ジュースの一日二食の生活にしても痩せないのだ。もっと食べなくても大丈夫なのだろう。

ちなみに腹六分目とは、食べ終わった後、走ってもお腹に負担が大丈夫なくらいの量という。これはかなり少ない。

残りの人生を考えると、食べる楽しみを減らしても、もっと運を上げ、多くの人に僕の考えを伝えられたらと思うのである。

ところで観光地に行くと、「根性」とか「努力」とか書かれたお土産を見ることが多い。だが、残念なことに「運」というのは、一度も見たことが無い。たぶん人気があって、すぐに売り切れてしまうのだろう。あ、これは嘘だからね。




■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 
[PR]
# by joe-suzuki | 2013-07-26 08:27 | 食生活を考える